ファイルがディレクトリ上に属する様に、テーブルも何れかのスキーマに必ず属します。ディレクトリごとに書込みなどの権限が設定出来るように、スキーマにも属するテーブルの権限を設定する事ができます。ディレクトリ内に同名のファイルを配置出来ないように、あるスキーマに同名のテーブルは属せません。ディレクトリが違えば同名のファイルは配置出来るように、スキーマが違えば同名のテーブルを作成する事ができます。

よって、スキーマにより単一のDB内に複数のアプリの環境を作成する事が可能となります。なぜなら、アプリごとにテーブルをスキーマで区切り、スキーマごとに権限を設定できるからです。




comments powered by Disqus


© 2015 kyuden